プログラマーを目指しはじめて学習中です。

日本やってます。愛媛おすすめです。

Blog Empath & HSP HTML & CSS Lifestyle Work & Working YouTube プログラミング

学習するインプットの質を高める その2

投稿日:

昨日は日常のインプットの質について書きました。

今日は学習面での事を書いていきます。

学習でも日常のインプットとまったく同様だと言えます。

昨日のブログの続きとして読んでいただきたく思います。

 

学習に関しては、義務教育や高等学校、大学などで無駄で惰性だと感じ、義務感で取り込まされる薄い情報をアウトプットするためには

建設的にするには精錬し、純度を上げる

作業が必要になります。

しかし本来であれば、これは教える側がある程度までは純度を上げておかなければならないことです。

教科書や参考書、資料に載っている情報にほとんど変化を加えず、そのまま教える教師や司会者にどのような価値があるでしょうか?

このような授業や勉強会であれば参加せず、独学で学習した方が時間を無駄にせずに済みます。

たとえコンディションが悪く、時間が掛かろうとも自分の中に入っていく必要な情報の方がよほど建設的でしょう。

義務感や責任感だけで通うような中に入ってこないカリキュラムには価値がありません。

教師は学習することを「退屈で役に立たない」と思わせた時点で失格です。

退屈で役に立たないと感じるとアウトプットに到らない可能性が高くなります。

悪い印象というのは良い印象よりも7倍も影響力があると言うことは先に書きました。

ということはです。

少なくとも役に立つ有益な情報を7、無駄で役に立たない情報を1と

7(良い情報) : 1(悪い情報)の割合で伝えなければならない

責任が最低限として発生していると言うことを自覚しなければなりません。

なぜ「責任」という強い語調で書くかというと、子供の頃の印象がその後の人生全体での教えられたことの「関心の度合い」に大きく影響するからです。

日本の勉強というのは「苦学」という言葉があるぐらい「勉強や学習=苦しいもの」という認識になっています。

これは勉強だけではありませんね。

何かしらの立場を維持するために苦しくても辛くてもやらなければならないという感情は思い込まされていることが少なくないということです。

なによりも優先しなければならない自分自身の感情、楽しく物事を行えているか、気を使ったりせず素の自分で居られるかが重要なのに、自分を優先にすると非国民扱いされます。

刷り込まれ思い込まされたことを、そのままに受け取ることは「受動的で消極的な行動」しか出来ません。

これは"教えられた枠内でしか行動できない"ことを意味します。

日本であればほとんどの人は「勉強や学習を楽しいと思うかどうか」は教えられた印象によって決まってしまいます。

義務感や責任感から脱却し"能動的で積極的な活動"をしていかなければならないでしょう。

教育にしても情報にしても公の場で与えられているものは、7(建設的):1(消極的)の割合で書かれている情報源はほとんどありません。

逆の方が多いですよね。

建設的で力になる記事が多くはありませんし、自分がいかに出来ていないか、自分がいかに駄目な人間なのかにフォーカスしている本も多く感じています。

7:1のバランスの取れた本は期待度は大きく出来ません。

しかし良い情報源は必ずあります。

建設的で有用で役立つ為になる情報源は存在しているのです。

関心が深いカテゴリで良質の情報を流し続けている情報源を見つけることは必須です。

でなければ自分の時間をたくさん無駄なことに投資することになります。

質の悪い情報がほとんどで、良い情報が無いことも地上波のニュースでは多くテレビは拘束時間の割に得られる情報が多くはありません。

インターネットで直ぐに情報を得られる現在、ニュースを知りたければYahoo!のトップページに行けばニュースが扱われています。

知りたい情報を深く知りたければGoogleで検索し調べ信頼できる情報原で深掘りをすることが出来ます。

わたしはドラマや映画、アニメも話題になっているのであれば完結してからまとめてみれば良いと思うようになりました。

 

また無ければ自分自身がそのような割合の情報源の一つになれば良いのではないでしょうか。

可能であれば取り入れるものの質を高めるならば、アウトプットする質も自ずと底上げされます。

そして自分にとって良いものを出し続けると、それを求めている人がおりいつかは誰かの役にたつことがあるはずです。

 

何事においても”絶対的な存在”というのは1つしか無く、その他ほとんどすべてのものは「相対的である」ということを認識しておく必要がありますね。

 

今回の投稿は、少し世間のニュースや教育を混ぜ込みすぎたので内容が薄くなってしまいましたが、地上波のマスコミの流すニュースは胸が悪くなり吐き気がするぐらいに価値が低いので書いてしまいました。

ニュースを見るならば日経系、ドキュメンタリーもテレビ東京系(日経がスポンサー)が良いですよね。

経済系の新聞がスポンサーであるニュースや番組は偏った報道が少なくお薦めです。

理由は経済というのは国内情報だけでは無く世界情勢と世界と日本の関係性を吟味し構成されているからです。

逆に国内向けにしか記事を書かない新聞社は偏っていることが多いのでお薦めしません。

 

個人的に今、学習しているのは、

プログラミングであれば情報源YouTubeではKENTAさんや堀江貴文さん。

アフィリエイトやSEOであればマナブさんやイケハヤさんがトップランナーと言えるでしょう。

ただマナブさんやイケハヤさんはお金にフォーカスしすぎているので注意が必要です。

メンタル系はDaiGoさんやJamahl Crossさん、吉濱ツトムさんなどになります。

わたしは最近は精神安定やプログラミング、ブログ、写真に力を入れているので極力は他の情報が入ってこないように努力しています。

エンパスやHSPという言葉を知る前からそのように努めるようになってきているのすが、これは正解だと思っています。

 

基本的に自分が教える立場では無く、共に学ぶポジションになれればと感じます。

 

今日はここまで

書きたいことではない部分も書きました。

取り敢えず投稿しておきます。

記事にしたいことは幾つかあってプログラミング系、エンパスやHSPに関して、写真系などがあります。

「明日は明日の風が吹く」ので、上記の中から気分によって書きます。

-Blog, Empath & HSP, HTML & CSS, Lifestyle, Work & Working, YouTube, プログラミング

Copyright© 日本やってます。愛媛おすすめです。 , 2019 All Rights Reserved.